メインイメージ

水虫の由来

白癬菌によって引き起こされるかゆみなどが水虫の特徴です

水虫の本名は足の場合には足白癬というものです。 ただ、白癬菌、足白癬という名前よりも水虫という名前の方が一般的に広く浸透していると感じる方も多いかもしれません。 水虫、という言葉を聞いたことが全くないという方は少ないでしょう。 ではなぜ水虫と呼ばれるようになったかというと水虫が発生した環境と深く関係があります。

昔から日本ではコメ作が盛んでした。 米を作るときに必ず必要な物のひとつが田んぼです。 田んぼに足を入れて作業し、そのままさしたる洗浄もしないままに放置しておけば水虫にとっては絶好の住処になり得る可能性があります。 湿り気が多い、菌が多い可能性があるということで田んぼで働いている人が水虫になってしまう場合が多かったというのは不思議ではありません。 ですが、水虫が発見された当時はこのかゆみや痛みに対して白癬菌が働いているという考えはありませんでした。

田んぼから帰ってきて足が妙にかゆい、むずむずするという症状を訴えた人たちが考えたのは何らかの虫に刺されたのではないかということです。 蚊などに刺されるとかゆみを伴うということもあり、水虫は田んぼの中の虫に刺されたという考えになりました。 田んぼの中とはつまり水の中ですから水の中の虫、水虫といったように一般的な名称がつけられるようになりました。 今では靴や靴下の広い普及でさらに水虫になりやすい環境があります。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策