メインイメージ

水虫になる一番多い月とは

6月と冬場の1-2月が危険

水虫になりやすい月があるとすれば6月と冬場の1-2月が危険と言われています。 まずは6月についてですが6月は水虫が皮膚の上に住むには絶好の環境が用意されます。 日本列島の半分以上は6月のうちに梅雨時期を迎え、毎日じめじめとした様相の空の下で過ごさなければなりません。 雨が降るということからもわかるように梅雨時期は圧倒的に湿度が高いのが特徴です。 水虫の原因となる白癬菌は湿度の高い環境を好みますので6月には湿度が高くなるというだけで水虫を住み心地よくさせてしまっています。

次に1-2月についてですが冬場は環境自体は乾燥しています。 冬場に乾燥したためによって起こる火事などのニュースを耳にしたことがあるという方も少なくはないでしょう。 ですがそんな冬場は、寒いからこそ厚着をする傾向にあります。 特に寒い地域では靴下2枚を履いたり、足に貼るカイロを利用したりということもあります。 そうなると必然的に夏と同じように足の近くは蒸れてしまう可能性が高いです。

女性の場合は夏よりも冬場の方が水虫に注意した方が良いと言われています。 最近は膝丈よりも更に長いものも出てきていますが冬場に女性が履くことが多いのがブーツです。 ブーツは長ければ長いほど足裏の熱なども逃しにくく、足裏を湿った環境においてしまうことが多いです。 それだけにブーツ内部のお手入れもしっかりすることはもちろんですが足のお手入れも適切にして、水虫を防ぎましょう。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策