メインイメージ

赤ちゃんも水虫になる

刺激や雑菌などに弱い赤ちゃんの場合は水虫になることも

赤ちゃんというとプルプルの肌を思い浮かべる方も多いかもしれません。 確かに生まれたばかりの赤ちゃんの肌を触ってみるともちもちとしていますし輝きが大人のものとは明らかに違うとわかることも多いかもしれません。 新陳代謝量も多いため、赤ちゃんの肌のトラブルはあまり起こらないということもわかっています。 ですが赤ちゃんは一般的に何においても抵抗力が弱いということも同時に知られている事実です。 風邪などに大人以上に注意しなければならないのが赤ちゃんです。

そして皮膚疾患に関しても赤ちゃんの抵抗力のなさが出てしまうことがあります。 刺激や雑菌などに弱い赤ちゃんの場合は水虫になることもあります。 赤ちゃんの水虫はあまり大々的に報道されたりすることはありませんが実際に日本でも見られる症例です。 赤ちゃんの水虫の場合は肌が剥けてしまうことが非常に多いです。 剥けている部分が徐々に広がってきたら水虫か何らかの皮膚疾患を疑った方が良いでしょう。

赤ちゃんの水虫の治療も基本は皮膚科での治療が良いと言われています。 大人の水虫の場合には水虫のための薬なども販売されていますが赤ちゃんには向いていません。 この場合も抵抗力が弱いことによって肌が水虫の薬に負けてしまうこともあるからです。 また、必ずしも水虫とは限らない場合もあります。 別の皮膚疾患の疑いもありますのでまずは皮膚科に行ってこの症状が水虫なのかどうかという点からしっかりと確認してもらいましょう。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策