メインイメージ

水虫は体の中で感染する

白癬菌が体内に感染する恐れはまずありません

水虫は足や体に出来るものですが原因となる白癬菌は体内に感染するかどうかと言われれば、通常の免疫機能を持っている状態であれば そもそも水虫の仕組みから見ていくと白癬菌が体内に一度入ろうとしています。 ですが体内の免疫機能がそれを拒んで白癬菌を外に追い出そうとする力が働くために水虫特有のかゆみや痛みなどが発生します。 このことからも通常の状態であれば水虫が体内に感染する可能性はまずないと言っても過言ではありません。

水虫自体は体内に入ることはありませんが水虫を体内からケアするという方法はあります。 免疫機能を高めることによって水虫を予防するという方法も少なくないからです。 アメリカの研究によって水虫の方の多くは腸内環境に何らかの問題を抱えているという結果も出ています。 このことから体内に直接入り込むわけではないものの、水虫が出来る背景には体内環境が関係しているということも出来るでしょう。

水虫の原因となる白癬菌は身体の皮膚の中でも湿度が高い場所に住み着きやすい傾向があります。 そのため靴下や靴で覆われることの多い足の裏などが水虫を多く持っている場所となります。 また、陰部に出来る水虫はインキンタムシと呼ばれていますが陰部もほかの部分に比べると湿度が高いので水虫が出来やすいです。 特に日本の場合は湿度が高い梅雨時期があるなど水虫にとって住みやすい環境を提供してしまっています。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策