メインイメージ

足の裏の水虫について

水虫は足に出来るものの場合は足白癬と爪白癬に分かれています

どちらも水虫の中では非常にメジャーなタイプと言えるでしょう。 体部白癬や頭部白癬よりも足白癬に罹患している人の方が圧倒的に多いと言われることも多々あります。 爪白癬は足白癬になっている人がかかるのがほとんどです。 いきなり爪白癬になるということは滅多になく、事前に足白癬があり、足白癬が悪化して爪にまで広がるというイメージです。 足白癬になった時点でしっかりと治療すると爪白癬は防げます。

足に出来る水虫のうち治療がなかなか難しいと言われている爪白癬ですがどんな症状が出るのかというとまずは爪全体が白から黄色っぽくなります。 褐色のにごりについても爪白癬の恐れがあります。 また、爪の表面が崩れてしまっているという場合には爪白癬の可能性が高いので注意してください。 その他爪の炎症、爪の筋なども爪白癬の代表的な症状と言われています。

爪白癬ではなく足白癬の方は出来る場所や状態で名前が異なっています。 趾間型は足に出来る水虫とは言っても足の指の間に出来る水虫です。 残りの2種類が足の裏に出来る水虫で、足の裏に出来る水虫の場合は角質増殖型の水虫と小水疱型の水虫に分かれています。 小水疱型の水虫の方が角質増殖型の水虫に比べるとかゆみがひどいというのが特徴です。 小さな水ぶくれのようなものが出来ているのが小水疱型、角質層が厚くなってひび割れているのが角質増殖型の水虫です。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策