メインイメージ

爪の水虫の症状について

爪の水虫になったときにすぐに出てくる症状というのはあまりありません。

爪の先端が白く濁ったり、筋が出来るというのは症状の一つですがそれほど普段から意識して爪を見ていないのでわからないという方が多いかもしれません。 そして小水疱型の水虫などとは違って爪水虫の場合にはかゆみがあまりありません。 それだけに早期発見が出来にくいというのも爪の水虫の特徴と言えるでしょう。 もしも水虫にかかっていて、爪が最近変だなというのであれば爪の水虫を疑ってみましょう。

爪水虫はもともと足の裏などの水虫に悩まされている方がかかることが多いです。 爪水虫が最初に出てくるパターンというのはほとんどありません。 爪白癬、足白癬の両方を持っている場合には足白癬の進行度が高くなったことによって爪白癬も出てきたということがほとんどです。 そして治療においても両方の白癬菌を治療することが大切なポイントです。

爪の水虫がどんどん進行してくると爪がボロボロになってしまうことが多いです。 爪の角質が厚くなることでボロボロになってしまうのですがその時点でも変形していなければあまり痛みを伴うことはありません。 爪が厚くなって変形を始めると痛みが出てきます。 白癬菌に侵された爪は非常に弱くなっていますので他の細菌に感染する可能性も高いです。 爪の水虫は最初のうち爪のちょっとした変化から始まるので気づきにくいですので、気を配って爪の様子を観察するようにしましょう。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策