メインイメージ

水虫の水泡を潰すとどうなる?

ニキビなどはつぶさない方が良いと言われていますが水虫の場合

実は水虫で出来る水泡については潰してもよいと言われています。 ただし潰すためにはいくつかの条件があります。 まず一つ目は水虫の水泡がある程度大きいことです。 小豆大以上の大きさの水泡であれば破れる可能性が高いです。 そうなると細菌が広がってしまうので潰した方が良いです。 小さな水泡の場合は細菌感染の面から潰さない方がよいと言われています。

次に潰すときの注意点ですが手の爪などでつぶさないようにしてください。 水泡の中には白癬菌はありませんが手で何となしに触った場所に白癬菌がある可能性があります。 手で水虫の水泡を潰していて手に水虫が感染したという例もあります。 感染を広げないために適切な潰し方を採用しましょう。 まずは針を消毒します。 水虫用の針を1つ持っておいても良いでしょう。 そしてその針でゆっくりと水泡を指していきます。 小さな穴が開いて徐々に水泡が潰れてくると思いますので最後は軟膏などでケアをします。 水泡に細菌が入ると再び水虫になったり別の病気になることが考えられます。

水虫の水泡はどうしてもかゆみを伴ってしまいます。 それだけにすぐにつぶしたくなってしまう方も多いようですがあくまでもある程度の大きさの水泡を、針などを利用して清潔な状態で潰すようにしましょう。 潰した後に軟膏を塗るほかにガーゼでガードするという方法もありますので是非試してみてください。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策