メインイメージ

爪の水虫を塗り薬で治療できるか

爪の水虫は一般的に言うとあまり塗り薬で対処することはありません。

水虫も含めて多くの皮膚病は塗り薬での対処が一般的です。 水泡が出来ている患部などに塗り薬を塗布して効果が出るのを待ちます。 かゆみなどを抑えるためにも塗り薬が使われるのが一般的です。 爪の場合にも塗り薬を全く使えないというわけではありませんがほとんどが飲み薬です。 というのも爪独特の事情が関係していると言われています。

爪は体の他の部分に比べると圧倒的に固い部分です。 爪がはがれたりするとわかりますがある程度の厚みもあり、皮膚とは全く違うものと認識している方も多いはずです。 そんな爪だけに内部に白癬菌が溜まっている場合には塗り薬が爪そのものに邪魔されてなかなか薬を白癬菌のいる場所まで攻撃に行かせられないというデメリットがあります。 塗り薬の効果がなかなか正しく発揮されないため、爪の水虫に対しては飲み薬を使うことが多いということです。 水虫は体の内側の免疫機能とも関係がありますし、体の内側と外側はつながっています。 故に爪の水虫に対しても内側からのアプローチは効果を発揮します。

爪水虫は飲み薬を飲むことによって7割程度の方が完治すると言われています。 飲み薬による治療を行うためには皮膚科に行かなければいけませんのでその点は注意してください。 現在のところ爪水虫に有効な薬というのは処方箋なしでも購入することが出来る薬局、薬店などでは販売されていません。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策