メインイメージ

水虫の薬について

水虫を治療するための薬はどれも白癬菌に作用する薬となっています。

主に毛そう白癬菌、紅色白癬菌が水虫の原因の白癬菌の9割程度を占めているということでこれらの白癬菌に対して働くタイプの薬が市販でも医療用でも販売されています。 医療用に特徴的なのは飲み薬です。 爪水虫の際に利用することが基本となっている飲み薬は市販薬としては販売されていませんので注意してください。 また、子供の場合は安全性の観点から、そして副作用などの問題から飲み薬を使用することはあまり多くはありません。

次に、水虫の薬を形状から分けると飲み薬以外は塗り薬となりますがその中でさらに細かく分類することが出来ます。 塗り薬といえば水虫以外の薬でも一般的な軟膏があります。 軟膏は患部にとどまっている時間が長くなりやすい上に肌に馴染みやすいのでかゆみ、痛みにはよく効くと言われています。 べたつきがあるのがデメリットで、人によっては軟膏は苦手という方もいます。

軟膏よりもさっぱりしている水虫の薬にはクリーム状の薬があります。 べたつきが少ないのがメリットでつけたときに不快感があまりないです。 水虫の薬の中には液状のものもあります。 液状のものは細かな部分にも薬を塗布することが出来るのがメリットですので趾間型水虫には特におすすめです。 指の間の小さな部分の水虫にも液状であれば対処することが出来ます。 最近ではスプレー状のものも存在するので、水虫の薬のバリエーションは広いと言えます。

足の臭いでお悩みの方に!今すぐ解決したいあなたに!足臭対策【菌ピタ君】

当サイトおすすめの足臭対策グッズです。
長時間、靴を履き続けても足の臭いを気にせず靴を脱げると評判です!!

足臭対策【菌ピタ君】の特徴

  • 持続的に続く消臭効果
  • 雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性
  • 雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい環境
  • 一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!
  • 活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!

 

>>成功率93%【足の臭い】解決 【菌ピタ君】公式サイトはコチラ<<

関連する記事

水虫について

水虫の治療法

水虫の対策